工務店とハウスメーカーの違いを検証

工務店とハウスメーカーの違いを検証した建築関連インフォメーションサイト

工務店とハウスメーカー以外の選択肢

工務店は、地域における建設関係の複数の事業者のまとめ役です。工事全体を管理し、工事を総合的に引き受ける業者であり、地域密着型が多く、施工の自由度の高さや人件費の抑制によって、費用が安く抑えられる点をメリットとします。工務店ごとの施工能力に偏りがある点はデメリットでしょう。

工務店と工務店のメリット・デメリット

住宅を建設する際、工事を依頼する業者として有力な選択肢である工務店とハウスメーカーです。
工務店やハウスメーカーはあくまで有力な選択肢に過ぎず、工務店とハウスメーカー以外に住宅の建設を依頼できる業者が全くないわけではありませんので、場合によっては、工務店やハウスメーカー以外の業者も選択肢に入るでしょう。

例えば、建築家による法人である設計事務所なら、住宅建設を構成する設計と施工という大きな要素のうち、設計のみにしか携わりません。
外装から内装に至るまで住宅デザイン全体を行うため、外装や内装といった視覚的にわかりやすいデザイン設計だけでなく、住み心地のような視覚化しにくい空間のデザインも設計することができます。

また、設計事務所は施工に携わらないものの、工務店やハウスメーカーと同様に工事の監督は行います。
工務店やハウスメーカーの場合、どうしても施工の都合を考慮してしまうのに対し、施工の都合を考慮する必要がないため、図面通りの施工が行われているか厳格にチェックすることが可能です。

なお、設計事務所に依頼するのであれば、住宅を専門としている設計事務所に依頼することが、最低限求められることになります。
これは設計が幅広い業務内容を持つことから、業務内容が非常に細かく分かれており、設計事務所ごとに専門とする分野が全く異なることに起因し、専門とする分野以外において、技能を発揮することは難しいからに他なりません。

ハウスメーカーとハウスメーカーのメリット・デメリット

厳密にはハウスメーカーを定義することはできないものの、ハウスメーカーとは、住宅建設を工業化した建設事業者の総称です。行政から型式適合認定を受け、工法をフランチャイズ化しているため、施工スピードの速さと安定性に優れる点をメリットとしますが、引き換えとして住宅の自由度が低下する点がデメリットです。

工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーを比較すると工務店は地域密着型を強みとしており、地域の建設事業者間の横のつながりと少人数で施工できることから費用を抑制できます。ハウスメーカーの場合、工業化によるコストダウンや工期の短縮による費用の抑制が望め自由度を求めるなら工務店が安定性を求めるならハウスメーカーが適します。

上へ