工務店とハウスメーカーの違いを検証した建築関連インフォメーションサイト

工務店とハウスメーカー以外の選択肢

一般的な工務店についての概要

工務店とは端的に言えば、建設関係の複数の事業者のまとめ役です。
工事全体を管理することで、工事を総合的に引き受ける業者を指し、基本的には地域の工務店といった規模に収まることが多く、事業範囲や事業規模は自体はあまり大きくありません。

基本的に工務店は、建設事業におけるまとめ役として、複数の事業者の行う工事を監督することから、工事の総合的な責任者となります。
工務店の形態も変化しており、いくつかに分類可能で、職人気質のスタンダートな棟梁タイプ、ハウスメーカーの下請けやフランチャイズ契約を結ぶフランチャイズタイプ、土地の購入から自社でこなすデベロッパータイプ、デザインを売りとするデザイン重視のタイプ、施工を専門とする施工専門タイプなどに分かれる上、複合タイプが多数を占めます。

工務店のメリット・デメリット

地域ベースで建設事業を請け負う工務店ですが、工務店ならではのメリットもあれば、同じように工務店ならではのデメリットもあります。

工務店のメリットとして、施工の自由度が高い、つまるところ顧客の要望を反映しやすい点が挙げられます。
それ以外にも工務店の規模の小ささに伴い、工事に関わる人材の数が少数になりやすく人件費が抑制できることに加え、広告費や人件費を考慮しなくて良いことから、費用が安く抑えられる点もメリットでしょう。

自由度が保証される上に費用も抑制できるなら、工務店に依頼するデメリットは無いのではないかと思われるかも知れません。
残念ながら工務店にもデメリットがあり、工務店ごとの施工能力に偏りがあるため、工務店選びに相応の労力を要する点はデメリットです。


この記事をシェアする
TOPへ