工務店とハウスメーカーの違いを検証した建築関連インフォメーションサイト

ハウスメーカーとハウスメーカーのメリット・デメリット

一般的なハウスメーカーについての概要

前提としてハウスメーカーは定義化されていないため、厳密にはハウスメーカーを定義することはできません。
ハウスメーカーは自前で施工できる住宅建設を工業化した建設事業者の総称であり、わかりやすく言えば工業化と工法のフランチャイズ化を行った建設事業者がハウスメーカーであると言えるのではないでしょうか。

ハウスメーカーは、設計や住宅の工法を含む基本仕様に基づく住宅建設の規格への認可を行政から取得します。
申請した規格ベースを逸脱しない範囲での住宅建設を行う場合、住宅建設の一部手続きを簡略化できる型式適合認定を受けていることと、行政に申請した工法をフランチャイズ化しているため、自前で工業化した建築資材を使用できるだけでなく、フランチャイズ契約を交わした工務店への下請けもできます。

ハウスメーカーのメリット・デメリット

工業化と工法のフランチャイズ化によって、効率化が図られているハウスメーカーには工業化や工法のフランチャイズ化を行っていることによるメリットがありますが、残念ながらデメリットも避けられません。

ハウスメーカーの工業化と工法のフランチャイズ化によるメリットとして、型式適合認定を受けていることと工法をフランチャイズ化していることが挙げられます。
型式適合認定を受けていることから、施工スピードが速く、工法をフランチャイズ化しているため、工法をマニュアル化できており、施工ミスのリスクを抑制しやすいので、安定性が高くなっています。

デメリットを挙げると、型式適合認定に基づきフランチャイズ化された工法を用いることから、自由度が大幅に損なわれることが挙げられます。
自由度と引き換えに建築資材が工業化されているため、メンテナンス性には期待できるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ