工務店とハウスメーカーの違いを検証した建築関連インフォメーションサイト

工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの費用面での違い

工務店とハウスメーカーについて比較すると、工務店は地域密着型の強みとして、地域間の建設事業者同士の横のつながりが強く人員も少数で済むことから、施工内容に対し必要となる費用の抑制が図れます。
ハウスメーカーであれば、工業化と工法のフランチャイズ化によって建築資材のコストダウンや工期の短縮による諸経費の抑制が望めるでしょう。

両者の費用面での差異について更に検証するなら、工務店とハウスメーカーが同条件の住宅を建てるのであれば、工務店に軍配が上がります。
工務店が普通に住宅建設する場合とハウスメーカーが型式適合認定に基づく住宅を建設する場合とでは、ハウスメーカーに軍配が上がるため、自由度の高い住宅を求めるなら工務店の方が低コストで、型式適合認定の範囲で住宅を建てるとハウスメーカーの方が低コストで済みます。

プラン面での工務店とハウスメーカーの違い

建設プランから工務店とハウスメーカーを比較する場合、両者のコンセプトが全く異なることからその違いは明白です。
工務店が地域の複数の事業者による合同での工事を施工することから施工ごとの自由度が高いのに対し、工業化と工法のフランチャイズ化によって施工内容が定まっているハウスメーカーは安定性とスピードに優れます。

よって、住宅に高い自由度を求めるなら工務店が適し、住宅に安定性を求めるならハウスメーカーが適します。
ハウスメーカーに自由度が高い住宅を依頼できないわけではありません。

もっとも、工業化や工法のフランチャイズ化を強みとしている、ハウスメーカーのメリットを生かしづらくなることは避けられませんので、ご留意ください。


この記事をシェアする
TOPへ